*
TOP研究講義/演習メンバー連絡先ご寄附のお願い English
研究概要
卒論課題例
過去の研究業績
 2021年
 2020年
 2019年
 2018年
 2017年
 〜2016年
博士論文
修士論文
卒業論文

2017年度業績

《論 文》

平山修久, 伊藤禎彦
需要者へのコントロール感の付与からみた災害時の上水道システムにおける情報提供のあり方に関する検討
日本リスク研究学会誌, Vol.26, No.4, pp.199-208, 2017.5

Takashi Yonetani, Shinya Echigo, Sadahiko Itoh
Fate of selected pharmaceuticals and their metabolites in soil aquifer treatment
Journal of Water Reuse and Desalination, Vol.7, No.2, pp.142-151, 2017.6

Kai He, Qidong Yin, Aike Liu, Shinya Echigo, Sadahiko Itoh
Enhanced anaerobic degradation of amide pharmaceuticals by dosing ferroferric oxide or anthraquinone-2,6-disulfonate
Journal of Water Process Engineering, Vol.18, pp.192-197, 2017.6

Yugo Takabe, Fumitake Nishimura, Ryosuke Suzuki, Yasuhiro Asada, Yumeto Utsunomiya, Shusuke Takemine, Chisato Matsumura, Sadahiko Itoh
Evaluation of PFCA removal by SAT using a pilot-scale reactor

Water Practice and Technology, Vol.12, No.3, pp.706-716, 2017.8

中井喬彦, 森岡弘幸, 畠孝欣, 小坂浩司, 浅見真理, 池田和弘, 越後信哉, 秋葉道宏
水道原水における2,6-ジクロロ-1,4-ベンゾキノン生成能と他の水質項目との関連性の評価
水道協会雑誌, Vol.86, No.8, pp.3-16, 2017.8

清宮佳幸, 安田英幸, 篠原成子, 植田雄大, 小坂浩司, 浅見真理
浄水処理工程における結合塩素生成の原因物質と挙動
水道協会雑誌, Vol.86, No.11, pp.2-12, 2017.11

中西智宏, 周心怡, 西岡寛哲, 樽井滉生, 橋本雄二, 浅田安廣, 越後信哉, 伊藤禎彦, 藤井宏明, 鈴木剛史
上水配水管内面に対する微粒子・マンガン・細菌の付着特性
土木学会論文集G(環境)(環境工学研究論文集 第54巻), Vol.73, No.7, pp.Ⅲ_505-Ⅲ_514, 2017.12

小林憲弘, 小坂浩司, 浅見真理, 中川慎也, 木下輝昭, 高木総吉, 中島孝江, 古川浩司, 中村弘揮, 工藤清惣, 粕谷智浩, 土屋かおり, 寺中郁夫, 若月紀代子, 加登優樹, 小関 栄一郎, 井上智, 村上真一, 金田智, 関桂子, 北本靖子, 堀池秀樹, 米久保淳, 清水尚登, 髙原玲華, 齊藤香織, 五十嵐良明
液体クロマトグラフィータンデム質量分析による水道水中の臭素酸イオン分析条件の検討と妥当性評価
水環境学会誌, Vol.40, No.6, pp.223-233, 2017.11

小坂浩司, 浅見真理, 佐々木万紀子, 松井佳彦, 秋葉道宏
全国の水道事業を対象とした農薬の測定計画と検出状況の関連解析
水環境学会誌, Vol.40, No.3, pp.125-133, 2017.5

杉山寛治, 長岡宏美, 佐原啓二, 神田隆, 久保田明, 縣邦雄, 小坂浩司, 前川純子, 遠藤卓郎, 倉文明, 八木田健司, 泉山信司
レジオネラ対策を目的とした掛け流し式温泉へのモノクロラミン消毒の導入
日本防菌防黴学会誌, Vol.45, No.6, pp.295-300, 2017.6

 

TOP


《国際会議論文》

Kuraoka R., Asada Y, Sakakibara T., Itoh S.
Comparison of two-dimensional gel electrophoresis-based and mass spectrometry-based proteome analysis of virus protein
19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology, The University of North Carolina at Chapel Hill's main campus, 2017.5.15-19

Yugo Takabe, Ippei Kameda, Ryosuke Suzuki, Yasunari Kusuda, Fumitake Nishimura, Songkeart Phattarapattamawong, Sadahiko Itoh
Evaluation of dissolved organic matter biodegradation through soil aquifer treatment using BIOLOG assay and fraction technique
The 14th IWA Leading Edge Conference on Water and Wastewater Technologies, May 29- June 2, 2017, Florianopolis, Brazil

S. Itoh, T. Nakanishi, X. Zhou, H. Nishioka, J. Kitada, K. Tarui, Y. Hashimoto, J. Kishimoto, Y. Asada, S. Echigo
Management of particles in water distribution networks - water supply system in a depopulation society and research needs -
Proceeding of the 26th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, pp.C-01_6p, July 6-7, 2017, Ramada Seoul Dongdaemun, Seoul, South Korea.

X. Zhou, T. Nakanishi, H. Nishioka, K. Tarui, Y. Hashimoto, J. Kishimoto, Y. Asada, S. Echigo, S. Itoh
Behavior of suspended matters in drinking water distribution system
Proceeding of The 26th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, C-04_8p, July 6-7. 2017, Ramada Seoul Dongdaemun, Seoul, South Korea

Sadahiko Itoh, Bruce A. Gordon, Philip Callan, Jamie Bartram
Regulations and perspectives on disinfection by-products -Importance of estimating overall toxicity-
Drinking Water Disinfection By-Products, Gordon Research Conference
Disinfection 2100: Linking Engineering, Chemistry, Toxicology and Epidemiology to Reduce Exposure to Toxicity Drivers While Curtailing Pathogens
July 30- August 4, 2017, Mount Holyoke College, South Hadley, MA, USA.

Koji Kosaka, Azusa Iwatani, Yuuki Takeichi, Yusuke Yoshikawa, Keiko Ohkubo, Michihiro Akiba
Removal of haloacetamides and their precursors upon chlorination during advanced water purification processes
IWA 10th Micropol & Ecohazard Conference, September 17-20, 2017, Vienna, Austria

J. Kishimoto, T. Nakanishi, X. Zhou, H. Nishioka, J. Kitada, K. Tarui, Y. Hashimoto, Y. Asada, S. Echigo, S. Itoh
Survey on micro-particles adhered inside water distribution pipes and a distribution of accumulated matters in a network
HUST & KU International Symposium on the Education & Research of the Global Environmental Studies in Asia in conjunction with the 10th Regional Conference on Environmental Engineering 2017, October 30-31, 2017, Hanoi, Vietnam.

TOP


《学術講演》

伊藤禎彦
「濁度0.1度」から科学的根拠に基づく微生物的安全レベルの設定へ
日本紫外線水処理技術協会(JUVA)技術セミナー
濁度0.1度とは?〜リスク管理とUVの役割〜
日本紫外線水処理技術協会 技術委員会 主催 お茶の水女子大学, 2017.3.29

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
水中有機物の除去と浄水処理プロセスの合理的選択
「溶存有機物をめぐる最新の知見と高度浄水処理技術の展開」ワークショップ
日本水環境学会 将来の水環境変化に適応した水供給システム委員会
東京大学工学部14号館141教室, 2017.7.11

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
NOMから生成する消毒副生成物とその健康リスク
第20回日本水環境学会シンポジウム講演集, pp.62-63, 2017.9

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
水道をめぐるリスクとその対策〜飲料水の安全性と震災問題を中心として〜
AQUA KANSAI 2017 関西発!水の技フェスタ 危機管理から考える大阪水道の未来
グランフロント大阪コングレコンベンションセンター, 2017.9.29

pdfファイルで保存

三輪雅幸, 伊藤禎彦
急激な人口減少と水需要の減少に直面したドイツ東部の水道事業に関する事例研究
平成29年度全国会議(水道研究発表会)講演集, pp.148-149, 2017.10

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
水需要減少下における上水道システム再構築の考え方と各種ニーズ
第22回21世紀水処理技術懇話会
北海道北見市, ホテル黒部, 2017.11.9

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
水需要減少下における上水道システム再構築の考え方と各種ニーズ
一般公開シンポジウム 第54回環境工学研究フォーラム企画セッション「人口減少社会における環境工学の展開」, pp. 31-46
岐阜大学講堂, 2017.11.18

pdfファイルで保存

TOP


《総説・解説》

伊藤禎彦
都市環工学専攻と関連分野の現況
環境衛生工学研究, Vol.31, No.31, pp.22-24, 2017.3

越後信哉
環境工学現場見学会2016報告
環境衛生工学研究, Vol.31, No.31, pp.25-27, 2017.3

浅田安廣, 五味亮太
学生合同短期研修
環境衛生工学研究, Vol.31, No.31, pp.25-27, 2017.3

浅田安廣
-水道水の安全確保のために-
京都大学工学広報, Vol.67, pp.11-12, 2017.4

小坂浩司
着任のご挨拶
環境衛生工学研究, Vol.31, No.2, p.61, 2017.6

伊藤禎彦
高度水処理技術を中心とする水の浄化システムの開発
ケミカルエンジニアリング, Vol.62, No.10, pp.1-7, 2017.10

伊藤禎彦
巻頭言 人口減少・水需要減少社会への挑戦
水道技術ジャーナル, No.85, p.1, 2017.10

浅田安廣
京衛研インタビュー
環境衛生工学研究, Vol.31, No.4, p.47, 2017.11

小坂浩司
窒素化合物と消毒副生成物
京土会会報, No.55, pp.80-81, 2017.12

TOP