*
TOP研究講義/演習メンバー連絡先ご寄附のお願い English

過去のお知らせです。


3月31日・4月1日付け人事異動など

高部祐剛助教が土木研究所に異動しました。関連してメンバーリストを更新しました。

[講義] 水質衛生工学の演習用データ(伊藤担当分)

水質衛生工学の演習用データをアップロードしました。ダウンロードページへ

メンバーのリストを更新しました

研究室のメンバーのリストを更新しました(2013年5月27日)。

3月31日・4月1日付け人事異動など

大河内由美子助教が麻布大学へ,平山修久特定准教授が国立環境研究所へ異動しました。また,高部祐剛助教が着任しました(当研究室のCREST研究員より)。なお,ご報告が遅れましたが,CREST研究員であったSongkeart Phattarapattamawongは,タイのKing Mongkut's University of Technology Thonburi にLecturerとして1月から勤務しています。その後任として,3月1日付けでSuphia Rahmawati研究員が新たに伊藤研に加わりました。スタッフの陣容が大きく変わりましたが,今後ともよろしくお願いいたします。スタッフ名簿や写真は4回生の配属と一緒に更新予定です。

水再生利用とそのシステムに関する CREST合同シンポジウム

上記シンポジウムのページを作成しました。3月15日開催です。是非ご参加下さい(2013年2月)。
シンポジウムの詳細へ

メンバーのリストを更新しました

研究室のメンバーのリストを更新しました(2013年2月27日)。

伊藤家の食卓

Reactor

伊藤教授邸にて、研究室のメンバーで「伊藤家の食卓」を開催しました(2012年2月18日)。


[講義] 上水道工学のファイル(平山担当分)

講義ファイルをアップロードしました。ダウンロードページへ

[講義] 水質衛生工学の演習用データ(平山担当分)

水質衛生工学の演習用データをアップロードしました。ダウンロードページへ

[講義] 水質衛生工学の演習用データ(伊藤担当分)

水質衛生工学の演習用データをアップロードしました。ダウンロードページへ

新任教員着任のお知らせ

4月1日付けで浅田安廣助教が着任しました。

メンバーのリストを更新しました

新年度になりましたので研究室のメンバーのリストを更新しました。

模擬地下システム設置工事

Reactor

CRESTのプロジェクト「都市地下帯水層を利用した高度リスク管理型水再利用システムの構築」のための模擬地下システムの本体設置工事が終わりました。京都市上下水道局のご厚意により鳥羽水環境保全センター内に装置を設置し,実際の下水処理水を用いた水再利用の研究を推進します(3月18日)。


LC/MSMS納品

Reactor

CRESTのプロジェクト「都市地下帯水層を利用した高度リスク管理型水再利用システムの構築」のための新しい質量分析計が入りました。下水処理水中の微量汚染物質の変換過程を追跡します。主として定量用途のものですが,後段の質量分析計がリニアイオントラップ型なので未知物質の定性にもある程度の威力を発揮すると期待しています(2月末)。



平成22年度CREST採択のお知らせ

(独)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)に平成22年度新規研究課題として採択されました。
研究課題名:都市地下帯水層を利用した高度リスク管理型水再利用システムの構築
(独)科学技術振興機構のサイトへ

講義・水質衛生工学レポート課題

レポートの課題ファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

お知らせ

平成22年4月の地球系・建築系専攻の再編にともない当研究室は工学研究科では都市環境工学専攻に所属することになり,分野名(研究室名)も都市衛生工学分野に変更されました。今後ともよろしくお願いします。地球環境学堂・学舎での教育研究活動は今まで通り継続いたします。
都市環境工学専攻のサイトへ

イベント情報

10月14日〜16日に第6回日蘭ワークショップを開催します。 詳細は以下のリンク先ページを参照してください。
日蘭ワークショップのページへ

講義:都市衛生工学演習課題その2

レポートの課題ファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

講義:都市衛生工学・健康リスク管理論演習課題

レポートの課題ファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

演習:地球工学デザインC課題

レポートの課題ファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

新年度メンバー

メンバー表を更新しました。

卒論

無事(相当ぎりぎりでしたが)提出しました。応援していただいたOBOGの皆さんありがとうございました。

修士論文公聴会

2月18日に修論の公聴会があります。伊藤研からの発表は以下の4つです。

加圧型無気泡オゾン溶解装置の物質移動特性と処理特性

地震時における流域水質リスク低減効果の定量的評価手法の構築

塩素消毒剤のヒト皮膚バリア機能への影響を考慮したエンドトキシン曝露による表皮免疫応答変化に関する研究

浄水中の同化可能有機炭素を基質とする微生物再増殖に対して残留塩素濃度低減が与える影響

卒論発表会

いよいよ卒修論執筆が佳境です。2月9日に卒論の発表会があります。伊藤研からの発表は以下の2つです。

浄水処理過程におけるイオン交換法を用いた極低濃度域でのカルキ臭原因物質の制御

表皮細胞における酸化ストレスおよび炎症マーカーを用いた塩素消毒剤の毒性評価に関する研究

上水道工学レポートについて

レポートの出題に不備がありました。お詫びして訂正いたします。大変失礼いたしました。

(誤)4. 2) 完全混合流通型反応槽(CSTR)についても,Aの残存率N/N0をk,体積V2と流量Qを用いて表しなさい。反応槽は,定常状態であることを仮定しなさい。

(正)4. 2) 完全混合流通型反応槽(CSTR)についても,Aの残存率N/N0をk,体積V2と流量Q,消毒剤濃度Cを用いて表しなさい。反応槽は,定常状態であることを仮定しなさい。

12月1日:研究室関連人事

平山修久 特定准教授(GCOE)が本日付で着任しました。今年度よりスタートしているグローバルCOEプログラム「アジア・メガシティの人間安全保障工学拠点」を担当することになりますが,研究面では伊藤研究室と共に活動を行うことになります。どうぞよろしくお願いします。

6月10日:都市衛生工学演習用のデータファイルその2(修正版)

都市衛生工学の演習で使うファイル(修正版)をアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

6月9日:演習用のデータファイル

健康リスク管理論のレポートで使うファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

6月2日:演習用のデータファイルその2

都市衛生工学の演習で使うファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

5月27日:色々更新しました

メンバーページ卒論課題など更新しました。

5月27日:水の消毒副生成物

book

消毒副生成物の本を書きました。よろしければ書店などで手に取ってみて下さい。

5月27日:全国水道研究発表会

明日から仙台で開催されます。伊藤研関係の発表の主なものは以下の通りです。

ハロ酢酸生成能からみた親水性溶存有機物の重要性
琵琶湖・淀川水系における消毒副生成物の前駆体としてのヨウ素の形態別分布
ハロ酢酸の食品経由の曝露経路
臭気測定における三点比較法の適用と高度浄水処理の臭気実態調査
持続可能な上下水道システム構築へ向けた方策の総合評価

5月27日:地球工学デザインC

Tour

地球工学デザインCの情報を掲載しました。浄水場見学のときの写真を少々掲載しました。

講義・演習のページへ

4月21日:演習用のデータファイル

都市衛生工学の演習で使うファイルをアップロードしました。以下のリンク先のページからダウンロードしてください。

講義・演習のページへ

4月1日:新年度です

本年度もよろしくお願いします。3月には6名が卒業にともなって伊藤研を離れました。その一方で,今日から,修士課程に3名新しいメンバーが加わりました。

また,研究室の体制も少し変わりました。本年度より,大学院地球環境学堂に流動研究室として加わることになりました。地球環境学堂での研究室名は地球益学廊 健康リスク管理論分野になります。流動研究室ですので,これまで通り工学研究科都市社会工学専攻 都市供給システム研究室としての活動も続けてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

7月10日:最近の発表

しばらく更新をさぼっていました。最近の発表を以下にまとめます。

日本水道協会第58回全国水道研究発表会 at 釧路
浄水処理過程における微生物およびその由来物質の挙動に関する研究
臭素酸イオン制御法としてのイオン交換処理の評価
持続可能な上下水道システム構築へ向けた総合評価手法

MICROPOL & ECOHAZARD 2007 at Frankfurt
Bromide removal by hydrotalcite-like compounds in a continuous system
The effect of chlorinateon on endotoxic activity and immunotoxicity to human keratinocyte

4月4日:新4回生へ

そろそろ配属先を決めるために研究室を見て回る時期ですね。伊藤研は水道のことを専門に研究している世界でも非常にユニークな研究室です。水のことに少しでも興味のある人はぜひ見学に来て下さい。場所は桂C1棟の2階237号室(学生部屋)です。237号室に誰もいなかった場合には、向かいの教員室へどうぞ。アポをとる必要はありません。お待ちしています。

3月27日:American Chemical Society

シカゴで開かれたACSの年会に参加しました。今回は,消毒副生成物や水の再利用に関するセッションが多数あり有意義な会でした。伊藤研の発表は以下の通りで,これまでの臭素系消毒副生成物研究のまとめのような話です。

Contribution of Organic Bromines to the Mutagenicity of Chlorinated Water

3月17日:水環境学会

水環境学会の年会に参加しました。伊藤研の発表は以下の3題です。

表皮角化細胞を用いた水中エンドトキシンの毒性評価
浄水処理過程におけるフェノール性化合物の塩素化にともなうハロ酢酸類生成機構の推定
イオン交換処理がオゾン処理の処理特性に及ぼす影響

2月12日:卒修論題目

先週今週と卒修論の締め切りや発表会が続いています。卒論は,7日が発表会で無事終了しました。修論は13日が提出で,審査が16日まで続きます。以下今年度の題目をご紹介します。

卒業論文(学部特別研究)
石川卓:水道水源と浄水処理過程におけるエンドトキシンの挙動とシアノバクテリアの寄与に関する研究
古澤彰太:臭化物イオン除去を目的としたハイドロタルサイト様化合物の固液分離特性向上に関する研究

修士論文
権大維:水道水に由来するトリハロメタン類の曝露量評価とその変動要因に関する研究
高橋恭介:エンドトキシンによる免疫毒性指標のスクリーニングおよび浄水処理過程における免疫毒性の変化
丹羽明彦:イオン交換処理がオゾン処理の処理特性と臭素酸イオン生成量に及ぼす影響
宮本太一:塩素処理に起因する水道水臭気の官能試験方法および臭気原因物質の検出
矢野雄一:溶存有機物質を構成する脂肪族化合物からの浄水塩素処理によるハロ酢酸生成機構に関する研究

9月6日:移転しました

New campusついに桂キャンパスに移転しました。これに関連して連絡先情報を更新しました。吉田キャンパスを離れるのは寂しい気もしますが,ピカピカの実験室はやはり気持ちのいいものです。今後ともよろしく御願い致します。




9月6日:IWA World Water Congress

来週10日から14日まで,北京でIWA World Water Congressが開かれます。伊藤研からは以下の2件の口頭発表があります。
1. An Information Disclosure Technique for Reducing Citizens’ Concern on Tap Water Quality
2. Screening of Chemical Structures Related to Haloacetic Acid Formation in Drinking Water Chlorination Process
前者は水道水質に関する不安感に関する社会心理学的研究,後者は消毒副生成物の生成機構に関する基礎研究です。

8月10日:大学院入試終了など

伊藤研の所属する都市社会工学専攻の大学院入試の全日程が終了しました。結果発表はまだですが,一段落です。

例年は,院入試が終わると卒修論のシーズンに突入しますが,今年は移転があります。その関係で,8月末から9月の前半にかけて,メールの不達などネットワーク上の問題が発生する可能性があります。当研究室までご連絡のある方は,お早めに御願い致します。移転後の住所などについては,近日中に掲載致します。

8月2日:卒論課題例

卒論課題例を掲載しました。

7月18日:京都大学環境衛生工学研究会シンポジウム

ちょっと遅くなってしまいましたが,7月17,18日と京都大学で京都大学環境衛生工学研究会シンポジウムが行われています。伊藤研究室関係では以下の5編が発表されます。
1.イオン交換法による臭化物イオンの選択的除去
2.水道水に対する満足感の構成概念と水道システムにおける必要改善項目の分析
3.災害時応急復旧過程における上水道のクライシスコミュニケーションのあり方に関する一考察
4.流域における分散型上下水道システムの総合評価
5.環境水中のエンドトキシン検出と塩素処理による微生物細胞からの生成評価

6月1日:英語版

懸案であった英語版のページの運用を開始しました。メニューバーのEnglishからご覧いただけます。

5月20日:水道研究発表会

来週5月24−26日の3日間,長崎市で全国水道研究発表会が開かれます。伊藤研究室関係では以下の4件が発表されます。
1.琵琶湖・淀川水系における臭化物イオンの発生構造
2.トリハロメタン類の飲用寄与率推定のための室内曝露量評価
3.飲料水としての水道水質に対する満足感の因果モデル構築
4.DALYによる水道水質のリスク評価

4月1日(その1):新4年生へお知らせ

そろそろ配属先を決めるために研究室を見て回る時期ですね。伊藤研は水道のことを専門に研究している世界でも非常にユニークな研究室です。水のことに少しでも興味のある人はぜひ見学にどうぞ。場所は5号館の2回228号室です。228号室に誰もいなかった場合には、隣の224・226号室へどうぞ。アポをとる必要はありません。

4月1日(その2):サーバー更新

しばらく不調であったウェブサーバーを取り替えました。これで安定するはずです。ご迷惑をおかけしました。

Copyright (C) Urban Sanitary Engineering Laboratory, Department of Environmental Engineering, Kyoto University, All Rights Reserved.