*
TOP研究講義/演習メンバー連絡先ご寄附のお願い English
研究概要
卒論課題例
過去の研究業績
 2021年
 2020年
 2019年
 2018年
 2017年
 〜2016年
博士論文
修士論文
卒業論文

2021年度博士学位論文

Jose Andress Cordero:Experimental and in silico evaluation of anthropogenic organic compounds and their biodegradation products as precursors of haloacetic acids
(人為由来化合物およびその生分解生成物のハロ酢酸前駆体としての実験的および計算化学的評価)

2020年度博士学位論文

周心怡:Manganese Accumulation and its Control in Chlorinated Drinking Water Distribution System
(塩素処理された水道配水システムにおけるマンガンの蓄積性とその制御)

2017年度博士学位論文

中西智宏:送配水システムに流入する浄水中懸濁物質による配水管内環境の形成とその実態に関する研究

Vu Kiem Thuy: Searching appropriate conditions for sustainable operation of soil aquifer treatment(土壌浸透処理の持続的運転のための条件探索)

2016年度博士学位論文

Thuangsit DENPETKUL:Assessment and Control of Virological Risk in Reclaimed Water Treated by Soil Aquifer Treatment

賀 凱:Removal mechanisms of pharmaceuticals and personal care products during soil aquifer treatment

2015年度博士学位論文

周りゃん:Quantitative Microbial Risk Assessment of Water Treatment Process for Reducing Chlorinous Odor

川口佳彦:水道水中の極低濃度遊離塩素測定法とカルキ臭に由来する臭気強度推定法の開発

2013年度博士学位論文

浅田安廣:飲料水起因のCampylobacter jejuni感染に伴う障害調整生存年数推定に関する実態調査及び疫学的研究

2012年度博士学位論文

石本知子:市民の水道水に対する態度形成とその影響要因に関する研究

Victor R. Shinde:Designing the Tradeoff between Consumer Expectations of Water Quality and Reduction in Energy Use for Water Utilities

2010年度博士学位論文

Ly Bich Thuy:Control and detection of bacterial regrowth in drinking water distribution with low level of chlorine residual(低残留塩素下の配水過程における微生物再増殖の測定と制御)

Songkeart Phattarapattamawong:CONTROL OF CHLORINOUS ODOR IN DRINKING WATER BY OXIDATION PROCESSES AND CHARACTERIZATION OF CHLORINOUS ODOR PRECURSORS BY FRACTIONATION TECHNIQUE (酸化処理による水道水中のカルキ臭の制御と分画手法を用いたカルキ臭原因物質前駆体の特性解析)

2009年度博士学位論文

権 大維:Multi-Route Exposure Assessment of Major Disinfection Byproducts and Estimation of Their Allocation to Drinking Water (水道水中消毒副生成物の複数経路による曝露量の評価および飲用寄与率評価)

2008年度博士学位論文

木村昌弘:総合評価指標を用いた次世代へ向けての上下水道システムの再構築に関する研究

2007年度博士学位論文

柳橋泰生:水道水に含まれる物質の気相曝露に関する研究

TOP