*
TOP研究講義/演習メンバー連絡先ご寄附のお願い English
研究概要
卒論課題例
過去の研究業績
 2021年
 2020年
 2019年
 2018年
 2017年
 〜2016年
博士論文
修士論文
卒業論文

2018年度業績

《論 文》

Liang Zhou, Shinya Echigo, Tomohiro Nakanishi, Shouhei Yamasaki, Sadahiko Itoh
Development of a multiphase inactivation for an advanced oxidation process and uncertainty analysis in quantitative microbial risk assessment
Ozone: Science & Engineering, Vol.40, No.2, pp.79-92, 2018.

朝野正平,浅見真理,斎藤健太,小坂浩司,小池友佳子,宮林勇一,秋葉道宏
全国20事業体における水道原水の連続監視データの変動解析
水道協会雑誌,Vol. 87, No.2, pp.2–14, 2018.

Koji Kosaka, Azusa Iwatani, Yuuki Takeichi, Yusuke Yoshikawa, Keiko Ohkubo and Michihiro Akiba
Removal of haloacetamides and their precursors at water purification plants applying ozone/granular activated carbon treatment
Chemosphere, Vol. 198, pp. 68-74, 2018.

Sadahiko Itoh, Liang Zhou
Effect of unboiled water consumption data on sensitivity analysis in quantitative microbial risk assessment

npj Clean Water, 1, Article number: 18, doi:10.1038/s41545-018-0018-6, pp.1-8,  2018.10

 

TOP


《国際会議論文》

Yusuke Itoh
Occurrence of human adenoviruses in Yodo river system using genetic analysis
Indonesia – Japan Seminar on Environmental Technology, JINYU, Katsura Campus, Kyoto University, 2018.1.10

Klon D.C. Hinneh, Kai He, Koji Kosaka, Shinya Echigo, Yasuhiro Asada, Sadahiko Itoh
Screening of Anthropogenic Tertiary Amines with Dimethylamine Moiety as N-nitrosodimethylamine Precursors during Chloramination
Proceeding of the 27th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, pp.30-37, July 4-6, 2018, 京都大学吉田キャンパス時計台

Jose Andress Cordero, Kai He, Erika Okuta, Shinya Echigo, Yasuhiro Asada, Sadahiko Itoh
Haloacetic Acids Formation During Biodegradation and Chlorination of Anthropogenic Compounds
Proceeding of the 27th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, pp.46-53, July 4-6, 2018, 京都大学吉田キャンパス時計台

Erika Okuta, Kai He, Jose Andress Cordero, Shinya Echigo, Yasuhiro Asada, Sadahiko Itoh
Identification of important anthropogenic compounds as the precursors of haloacetic acids in water chlorination
Proceeding of the 27th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, pp.256-259, July 4-6, 2018, 京都大学吉田キャンパス時計台

Yusuke Itoh, Takashi Sakakibara, Satoru Yasumoto, Yasuhiro Asada, Sadahiko Itoh
Occurrence of human adenoviruses in Yodo river system using genetic analysis
Proceeding of the 27th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, pp.94-100, July 4-6, 2018, 京都大学吉田キャンパス時計台

Klon D. C. Hinneh, He Kai, Koji Kosaka, Shinya Echigo, Yasuhiro Asada, Sadahiko Itoh
Formation of N-nitrosodimethylamine by Chloramination of Anthropogenic Tertiary Amines with Dimethylamine Moiety
IWA World Water Congress & Exhibition, 3918994, 16-21 September 2018, 東京ビッグサイト, Tokyo, Japan.

S. Itoh, T. Nakanishi, X. Zhou, K. Tarui, Y. Hashimoto, J. Kitada, J. Kishimoto, Y. Asada, S. Echigo
Reestablishment of Water Supply System in a Depopulation Society and Research Needs
IWA World Water Congress & Exhibition, 3890712, 16-21 September 2018, 東京ビッグサイト, Tokyo, Japan.

T. Nakanishi, H. Nishioka, K. Tarui, J. Kishimoto, Y. Asada, S. Echigo, S. Itoh
Characteristics of Suspended Particles and Their Loads into Drinking Water Distribution System under Different Treatment Processes
IWA World Water Congress & Exhibition, 3904824, 16-21 September 2018, 東京ビッグサイト, Tokyo, Japan.

Cordero JA, He K, Okuta E, Echigo S, Asada Y, Itoh S.
Effect of Biodegradation on Haloacetic Acid Formation Potential of Anthropogenic Compounds during Chlorination
IWA World Water Congress & Exhibition, 3904879, 16-21 September 2018, 東京ビッグサイト, Tokyo, Japan.

TOP


《講演》

小坂浩司
カルキ臭原因物質トリクロラミンの生成特性と制御
平成 29 年度市町村水道水質共同検査 水質講演会,大阪広域水道企業団,2018.3.7.

伊藤禎彦
消毒による副生成物の生成と制御
市民公開講座「安全な水道水をめざして-水質基準に関する研究の最前線」
全国町村会館ホールB,2018.5.12

pdfファイルで保存

伊藤禎彦、堀さやか
水道料金に対する支払意志額を増大させるためのコミュニケーション手法に関する研究
関西水未来研究会研究提案会
京都大学 桂キャンパス CクラスターC1棟グローバルホール人融(311号室) 2018.5.19

pdfファイルで保存

伊藤禎彦,福岡早紀
小規模化が進む水道システムにおける配水管内環境の評価と制御
小規模水供給システムの持続性向上に関する情報交換会
(公財)水道技術研究センター会議室,2018.6.11

中西智宏,周心怡,岸本如水,福岡早紀,亀子雄大,浅田安廣,小坂浩司,伊藤禎彦
人口減少社会へむけた上水道システムの再構築に関する総合研究
「人口減少社会へ向けた上水道システムの再構築と高機能化に関する総合研究」報告会
大阪広域水道企業団 村野浄水場,2018.7.23

伊藤禎彦
小規模化が進む上水道システムと研究ニーズ
土木学会環境工学委員会 臨床環境技術小委員会・環境技術思想小委員会 合同セミナー
京都大学地球環境学堂・大会議室,2018.8.10

伊藤禎彦
小規模化が進む上水道システムの再構築に関する考え方と課題
平成30年度 日本ダクタイル鉄管協会 九州支部 セミナー
福岡市 天神クリスタルビル,2018.9.27

pdfファイルで保存

伊藤禎彦
浄水処理装置・施設に関する課題とニーズ
「多様な社会・技術に適応した浄水システムに関する研究(A-Dreams)」、第1研究委員会「将来を見据えたスマートな浄水システムに関する研究」
(公財)水道技術研究センター,2018.12.14

pdfファイルで保存

TOP


《総説・解説》

三輪雅幸,伊藤禎彦
急激な人口減少と水需要の減少に直面したドイツ東部の水道事業に関する事例研究
水道,Vol.63, No.2, pp.8-17, 2018.3

浅田安廣,藏岡凌平
ウイルスリスク管理に向けて-淀川水系での存在実態とヒドロキシルラジカルが持つ消毒効果-
環境衛生工学研究,Vol.32, No.1, pp.32-36, 2018.3

小坂浩司
環境工学現場見学会2017報告
環境衛生工学研究,Vol.32, No.1, pp.55-57, 2018.3

中西智宏
研究紹介 浄水中懸濁物質による配水管内の環境形成とその制御性
環境衛生工学研究,Vol.32, No.2, pp.15-19,2018.6

中西智宏
着任のご挨拶
環境衛生工学研究,Vol.32, No.2, pp.45-46, 2018.6

伊藤禎彦
第27回会員集会公演②「人口減少時代における浄水処理-配水システムのトータルソリューション創出に向けて」(平成29年5月13日公演内容)
水を語る会講演集(第5号),pp.88-99, 2018.7

伊藤禎彦
巻頭言 浄水処理プロセスの構築とオゾン処理の役割について
オゾンニュース, 106号,p.2, 2018.9

伊藤禎彦,田中宏明
京都大学工学部衛生工学科創立60周年記念セッション 未来に向けた環境工学の挑戦
環境衛生工学研究,Vol.32, No.4, pp.14-21, 2018.11

上田佳代,小坂浩司
環境工学現場見学会2018報告
環境衛生工学研究,Vol.32, No.4, pp.50-52, 2018.11

TOP