*
TOP研究講義/演習メンバー連絡先ご寄附のお願い English
研究概要
卒論課題例
過去の研究業績
 2021年
 2020年
 2019年
 2018年
 2017年
 〜2016年
博士論文
修士論文
卒業論文

2020年度業績

《論 文》

Cordero, J. A., He, K., Okuta, E.,Echigo, S. and Itoh, S.:
Effect of biodegradation on haloacetic acid formation potentials of anthropogenic compounds during chlorination,
Environmental Science and Pollution Research, 27, 18117-18128, 2020.

Zhou, X., Kosaka, K., Nakanishi, T., Welfringer, T. and Itoh, S.:
Manganese accumulation on pipe surface in chlorinated drinking water distribution system: Contributions of physical and chemical pathways,
Water Research, 116201, 2020.

Tada, Y., Cordero, J.A., Echigo, S. and Itoh, S.:
Effect of Coexisting Manganese Ion on the Formation of Haloacetic Acids during Chlorination,
Chemosphere, Vol. 263, 2021.

《研究発表》

浅田安廣,木村政貴,中西智宏,伊藤禎彦:
生物活性炭内でのレジオネラ再増殖性に関する検討,
環境衛生工学研究, Vol.34, No.3, pp.19-21, 2020.7

木村昌弘,伊藤禎彦:
人口減少を踏まえた小規模水道のあり方についての一考察,
環境衛生工学研究, Vol.34, No.3, pp.64-66, 2020.7

中山信希,伊藤禎彦,堀さやか:
情報提供による水道料金評価の改善効果に関する分析,
環境衛生工学研究, Vol.34, No.3, pp.67-69, 2020.7

中山信希,伊藤禎彦,堀さやか:
水道料金に対する評価を改善するための提供情報,
令和2年度全国会議(水道研究発表会)講演集, pp.48-49, 2020.11

齋藤真太朗,須田康司,惣名史一,伊藤禎彦,伊藤雅喜,清塚雅彦:
スマートな浄水システム/技術レベルの維持・向上を目指して ―A-Dreamsプロジェクトの取組から―,
令和2年度全国会議(水道研究発表会)講演集, pp.214-215, 2020.11

中西智宏,亀子雄大,周心怡,森智志,小坂浩司,伊藤禎彦:
配水管内蓄積物に起因する水道水の着色ポテンシャル評価と浄水中微粒子・マンガン濃度の制御目標,
令和2年度全国会議(水道研究発表会)講演集, pp.314-315, 2020.11

桂美月,中西智宏,越後信哉,伊藤禎彦:
配水管内環境の制御を目的とした浄水処理方法に関する基礎実験,
第57回環境工学研究フォーラム講演集,p.26, 2020.12

周心怡,中西智宏,越後信哉,伊藤禎彦:
A scenario analysis of controlling manganese accumulation in chlorinated drinking water distribution systems,
第55回日本水環境学会年会講演集, p.27, 2021.3

桂美月,中西智宏,越後信哉,伊藤禎彦:
配水管内環境の制御を目的とした砂ろ過と膜ろ過の濁質除去能とその多様化に関する基礎研究,
第55回日本水環境学会年会講演集, p.172, 2021.3

三雲祥太,中西智宏,越後信哉,伊藤禎彦:
生物活性炭処理水における微小動物の体内細菌が浄水中の細菌群に及ぼす影響,
第55回日本水環境学会年会講演集, p.181, 2021.3

藤川由季,多田悠人,越後信哉,伊藤禎彦:
HILICによる環境水中の超親水性溶存有機物の存在実態,
第55回日本水環境学会年会講演集, p.182, 2021.3

多田悠人,越後信哉,小坂浩司,伊藤禎彦:
塩素処理におけるラフィド藻Gonyostomum semen に由来するハロ酢酸前駆物質の特性,
第55回日本水環境学会年会講演集, p.185, 2021.3

TOP